This website translation is under construction, for the full website please visit the English version.

プラムヴィレッジ

フランス南西部のボルドー近郊にあるプラムヴィレッジは、プラムヴィレッジ宗派の大本山です。この国際的なプラクティス・センター(修行道場)は、ティク・ナット・ハン禅師(タイ)によって西洋で最初に設立された、ヨーロッパ最大の僧侶の共同体です。

プラムヴィレッジは、タイの夢であった愛しのコミュニティ(Beloved Community)、そこで人々がお互いや地球と調和して生きる方法を学ぶことができる健康的で滋養のある環境を作る、という夢を実現させた場所です。

プラムヴィレッジは、1982年田舎で小さく始まり、今日ではフランス全土に広がる4つの異なる郷(ハムレット)で、200名を超える僧侶や尼僧が住み込みで修行しているヨーロッパ最大の仏教寺院に成長しました。それは、タイがベトナムから亡命して間もない1970年代に、パリ近郊で初めて創設した”スィートポテトコミュニティ”の継続です。

Upper Hamlet, Plum Village
The early days of Plum Village

ティク・ナット・ハンのダルマ・トーク(法話)のを読むことをお楽しみください。:

“I Have Arrive, I’m Home: Celebrating twenty years of Plum Village Life”

プラムヴィレッジでは、全ての日々の活動にマインドフルネスを取り入れています。食事をしたり、歩いたり、仕事をしたり、一緒にお茶を楽しんだりして、一日中マインドフルにいられるようトレーニングをしています。プラムヴィレッジは、自宅から遠くにある自宅(ホーム)であり、美しい、滋養のある、シンプルな環境で、目覚めた心を養います。

私たちは、沈黙の時間を楽しみ、座る瞑想、休息、リラクゼーション、マインドフルワークや遊びを楽しみます。プラムヴィレッジに来るすべての実践者は、食事の準備、掃除、皿洗いなど、どのようなことをしていても喜びとマインドフルネスを養うことを学ぶ方法として、郷(ハムレット)での共同体活動に参加するよう誘われます。

毎年、プラムヴィレッジでは、マインドフルな共同生活の方法を体験するために世界中から何千人もの瞑想者を喜びと共に受け入れています。子供やティーンエイジャーのための特別プログラムを提供する毎年4週間の夏のオープニングリトリートには、40カ国以上の国籍の人々が参加しています。

Dharma talk during a summer retreat

1週間以上の滞在ができる春と秋のリトリートシーズンに加えて、プラムヴィレッジでは、フランス語を話す人向け、教師向け、若者向けの特別なマインドフルネス・リトリートも開催しています。年に一度行われる3ヶ月間の雨安居(うあんご)リトリートには、一般の人も参加できます。
僧侶ではない人々僧侶だけでなく、何百人もの実践者がマインドフルネスの実践を深め、90日間連続で共同体の中で、シンプルで調和のとれた生活を送るために集まってきます。

Legal Information

Plum Village is registered as:

Communauté Bouddhique Zen Village des Pruniers
Meyrac
47120 – Loubes Bernac
Tel: +33.5.53.58.48.58
SIRET: 425 182 565 00019

プラムヴィレッジの郷(ハムレット)では、青少年奉仕のためのボランティア・プログラムを実施しているほか、有機栽培の「ハッピー・ファーム」を開設しています。

最近になって母国ベトナムに戻る前まで、ティク・ナット・ハンは旅をしていない時はプラムヴィレッジに住んでいました。プラムヴィレッジにいる間、彼は執筆活動をし、教え、庭仕事をし、世界的なコミュニティを導いていました。プラムヴィレッジの丘や野原を囲む小道の多くは、ティク・ナット・ハンと彼のコミュニティにとって伝説的な歩く瞑想の道となっています。

今日では、ヨーロッパ、アメリカ、アジアに、ティク・ナット・ハン自身によって創設されたプラムヴィレッジの伝統に基づく8つの僧侶の実践センターがあります。

隠す 書き起こし

What is Mindfulness

Thich Nhat Hanh January 15, 2020

00:00 / 00:00
表示する 隠す 書き起こし 閉じる